※4/9追記
アーカイブ配信決定!詳しくはこちら

テアトル・エコー公演‎ 162
奇想天外ファミリーコメディ

《大正パンデミック》
               ~ 喜劇 猛威を振るう ~

雪で閉ざされた山荘 鳴り響く銃声―
病から逃れてきた一家にふりかかる 次なる試練は・・・

’21年度 創作戯曲募集佳作入選作品を、劇団テアトル・エコーと作家が2年をかけて磨き上げ、
満を持して上演する傑作喜劇です。

作:磯谷智史  演出:永井寛孝

チラシPDFファイル

■2024年4月20日(土)~29日(月・祝) 恵比寿・エコー劇場

受付は開演の1時間前、開場は開演の30分前です。
★尚、25日は昼・夜共映像撮影のカメラが入ります。ご了承ください。

■会場:恵比寿・エコー劇場
■料金(全席指定・税込)
一般  5,500円
初日割 4,500円(4/20、21のみ) 
ユースチケット 3,000円(29歳以下) 当日チケットボックスにて身分証をご提示下さい。
リピート割   3,300円 当日チケットボックスにて前回観覧半券をご提示下さい。

■前売開始 2024年3月18日(月)午前10時30分から

<あらすじ>

大正7年12月。未曽有のパンデミックを引き起こしたスペイン風邪は、日本でも猛威を振るっていた。
この未知の病をなんとかやり過ごそうと、人里離れた山荘へ移り住んだ高津家のもとに、次々と現れる訪問者たち。みすぼらしい夏服姿のままの義兄、記憶を無くしてしまった男、勘当したはずの息子と婚約者―。いつ明けるとも分からない雪深い山奥暮らしの中で唯一の希望の光は…喜劇を演じることだった!?

喜劇で戦う!? 果たして 勝機をつかみ 戦いを制するのは!!


<出演>

    • 安原義人

      安原義人

        松平 千春

    • 落合弘治

      落合弘治

        高津 成繁

    • 雨蘭咲木子

        高津 春子

    • 根本泰彦

      根本泰彦

        呉 茂一郎

パン組

    • 田中英樹

      田中英樹

      久保 正樹呉 茂二郎(デミ組)

    • 佐藤裕樹

      佐藤裕樹

        高津 邦夫

    • 小桧山美樹

      小桧山美樹

        高津 梅子

    • 北村芽久

      北村芽久

        藤沢 令子

デミ組

    • 加藤拓二

      加藤拓二

      久保 正樹呉 茂二郎(パン組)

    • 早川 諄

      早川 諄

        高津 邦夫

    • にしかわ風羽

      にしかわ風羽

        高津 梅子

    • 縞 典花

      縞 典花

        藤沢 令子

<スタッフ>

作=磯谷智史
演出=永井寛孝
装置=大田 創
照明=橋野明智
衣裳=山田靖子
音響=山崎哲也
舞台監督=金子武男
制作=近藤泰代 藤原堅一
総合プロデュース=大田 創
主催=(株)劇団テアトル・エコー
イラスト=倉本トルル
宣伝美術=市川きよあき事務所

■磯谷智史プロフィール

1979年福島県生まれ。多摩美術大学造形表現学部映像演劇学科卒業。演技論と戯曲論を中心に学ぶ。在校中より故 清水邦夫氏に師事し、数々の戯曲賞に応募するなど精力的に執筆。しかし東日本大震災以降、芝居に魅了を感じなくなってしまい執筆活動を中断。
一時はこのまま筆を折る事もよぎったが、’21年鬼籍へ入った師へ捧げる戯曲として10年振りに『大正パンデミック』を執筆。2003年『眼上の敵』に続き、テアトル・エコー創作戯曲募集佳作入選。一般社団法人 日本劇作家協会会員。

■演出 永井寛孝プロフィール

俳優・演出家・脚本家。1980年~1988年テアトル・エコー演技部に在籍。その後、芸人マルセ太郎(作・演出・出演)の喜劇上演ユニット「マルセカンパニー」に参加。旗揚げからマルセの亡くなる2001年まで約10年間 全作品に携わり、以降もその精神を尊重し受け継いだ活動を続けている(一般社団法人 オンザボード。旧名称:コメディ オン ザ ボード)。
また同時に、女優・声優の田中真弓、音楽家・タレントの竹田えりと共に オリジナル歌芝居集団「おっ、ぺれった」を旗揚げし、現在も継続して活動。
1999年テアトル・エコー文芸演出部へ再入団。エコーでの近年の演出作品は『遭難姉妹と毒キノコ』作/鈴木聡(ラッパ屋)、『諸国を遍歴する二人の騎士の物語』作/別役実、『オーディオドラマライブ』「器量のぞみ」 作/宮部みゆき「青い壺」 作/有吉佐和子(抜粋)、『バグ・ポリス』作/ポール・スレイド・スミス 翻訳/常田景子、『もやしの唄』作/小川未玲 など。

【チケット取扱】

03-5466-3321
チケット専用電話
080-3177-3800
 (平日10:30~17:30)土日祝休み

03-5466-3321
※前売初日(3/18)に限り、上記の電話と劇場一階窓口
でも予約を承りますので、
ご利用ください。

*劇団予約ならここが安心
*担当者と相談しながら希望の席をお取り出来ます。お気軽にご予約いただけるように、他の日への交換・キャンセルもお受け出来ます。開演24時間前まで変更可能です。

ネットショップ
パソコン、携帯などから24時間予約。テアトル・エコー ネットショップ
【4/5(金)まで】※以降はチケット専用電話か、カルテットオンラインをご利用ください

インターネットでの予約      カルテットオンライン 
                                                           (開演の24時間前まで受付)

※当日のキャンセルはお受けできません。
※開演に遅れてご入場の場合、立見でご覧願うこともありますので、あらかじめご了承ください。

エコーのバリアフリーサービス(要予約)
車イス利用者 視覚障がいのある方 聴覚障がいのある方
  • 劇場入口から客席まで
    エレベーター利用で段差なし(各回2名まで)
  • 介助者無料(1名まで)
  • 恵比寿駅から劇場まで
    スタッフが誘導します。
  • 介助者無料(1名まで)
  • 劇場での誘導(同性係員)
  • 台本事前貸出し可能
  • ご予約のメール・FAX対応
  • 受付の筆談対応

●お問合せ・公演案内
〒150-0011 東京都渋谷区東3-18-3 劇団テアトル・エコー
TEL.03-5466-3359(平日11時~18時) FAX.03-5466-3313
担当者:劇団テアトル・エコー演劇制作部
geki@t-echo.co.jp
こちらからもメール送信できます。

公演ご観覧後のアンケート